個性的なキャバ嬢になるための秘訣は?

お客様が飽きないキャバ嬢を目指す

どうせキャバ嬢をするならなるべく稼ぎたい、と思うのは当然です。指名のお客様をたくさん掴めるかどうかが、稼げるキャバ嬢と稼げないキャバ嬢の違いになりますが、一度指名客として掴んだからといって、そのお客様がずっとお店に来てくれるかというと、必ずしもそうとは限りません。

同じお店の中での指名替えはマナー違反だとされていますが、日本には無数のキャバクラがあるので、違うお店に行くようになってしまった場合はお客様の行動をキャバ嬢が止める事はできません。反対にいえば自分のお店にお客様がなかなかきてくれなくなった時は他のお店にお気に入りが見つかって足が遠のいている可能性もあります。

お客様がお店に来なくなる理由は色々ありますが、大まかに挙げると

  • 飽きた・マンネリ
  • 営業にうんざりした
  • 他のお店のキャバ嬢に目移りしている
  • 恋人や結婚など生活スタイルの変化

などの理由が考えられます。飽きられてしまうのが一番痛いのですが、それはお客様にとって自分がオンリーワンじゃなかったという証拠です。

たくさんのお客様にとって代わりのきかないオンリーワンのキャバ嬢でなければ、お客様に見返り関係なくお金をたくさん使ってもらうのは難しいでしょう。

今回は、お客様を飽きさせないオンリーワンのキャバ嬢になる秘訣を紹介したいと思います。

お客様が来店する動機は?

お客様がキャバクラに通い始めるきっかけは、

  • 会社の先輩につれてこられる
  • 接待で行く
  • 友達と飲み会の帰りに行く
  • 繁華街にいるキャッチや案内所に紹介されて
  • 等がだいたいよくあるパターンです。

    キャバクラのお客様には二種類いて、付き合いでいくだけの人お気に入りのお店や指名しているキャバ嬢などができて通う人に分ける事ができます。

    指名のお客さんを作りたいなら、きっかけは前者でもそのお客様をなるべく後者にしていく必要があります。なんのためにお客様はキャバクラに通うのかというと、

    • 可愛い女の子と話して気分よくお酒が飲みたい
    • モテたい
    • あわよくばを期待
    • 疑似恋愛的な駆け引きを楽しみたい
    • 可愛い女の子に癒されたい

    この他にも様々な理由があると思いますが、結局のところお客様は自分の居場所を求めているから来店するのだと思います。

    ただ簡単にセックスがしたいだけなら風俗に行ってるはずです。

    風俗ではなくてキャバクラに来ている時点で、誰かに必要とされたかったり自分の存在や価値を認められたかったりという心の穴を埋めたいと思っています。

    なので、人気のあるキャバ嬢は居心地のいい居場所をお客様に与えるのが上手な傾向があります。

    聞き上手なキャバ嬢になろう

    世の中には話し上手なキャバ嬢と聞き上手なキャバ嬢がいます。
    第一印象で最初は面白い、楽しいと感じるのは話し上手なキャバ嬢です。

    受け身でいても色々話してくれて楽しませてもらえますし、一定のクオリティを期待することもできます。

    しかしつねに同じテンションで接客していると、最初の数回は新鮮でもすぐにマンネリ化してしまいやすいのが話し上手なキャバ嬢の欠点でもあります。最初は明るく盛り上げてくれる楽しいキャバ嬢だと思われたとしても、それが逆にプロっぽく見えてしまってお客様が引いていくということもあります。

    受け身の状態でいさせてしまうと離れやすいと言われています。話し上手なキャバ嬢はキャラも濃い事が多い為、自分が話の中心になりたいお客様とは相性が悪いです。

    一方で聞き上手のキャバ嬢は目立った話術でお客様を引きつける事はありませんが時間をかけてお客様が増えていきます。

    「話し上手でもないのに、なぜこの子は指名が多いんだろう?」と思うかもしれませんが、お金を払って人の話を聞きたい人(話し上手のキャバ嬢)より自分の話を聞いてもらいたい人(聞き上手のキャバ嬢)の方が需要が高いのです。

    「悩みができたから彼女(キャバ嬢)に話を聞いてほしい」
    「この前の話が進展したから彼女(キャバ嬢)に話さないとな」
    という感じで、誰でもいいから話したいから特定の相手に話したいに思考が切り替わる瞬間が指名を掴むチャンスです。

    これを上手くこなせるタイプである聞き上手なキャバ嬢は話のネタよりも居心地をウリにするので、お客様に飽きられにくいメリットがあります。

    Author: vipplus

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です