ぽっちゃりが嫌われる女性のパターンは?

嫌われるパターンもあります

前回は自分の体型がぽっちゃりで、長身細身の女性にルックスでかなわなくても接客などで気をつけるべき点を気をつければぽっちゃりの女性でもお客様を掴んでキャバクラでやっていけるという話をしました。

ですがルックスという面では長身で細身の女性に負けているのは事実ですので、実際にテーブルについた接客の際には気をつけるべきことを必要以上に気をつけないとお客様に「この子席につけないで」とNGを食らってしまう可能性が飛躍的に高まります。

今回はそんなぽっちゃりキャバ嬢が接客で絶対にやってはいけないことについて説明します。

下品

小さな頃から太り気味な女性は、男性から体型についてあれこれとからかわれた経験も多いとききます。

相手に言われて傷つくくらいなら自分から言ってしまえと、開きなってしまった女性もたまに見かけますが、そのやり方がキャバクラで稼げるというわけでもありません。

デリカシーがなさすぎる女性はとお客様が下品だと感じて引いてしまうからです。

太っていても優雅な振る舞いができる女性の方が、男性は恋愛対象として捉えられます。

例えば合コンで面白いキャラを演じて、「いいヤツ」だと評価されても、その後男女のお付き合いにはなかなか発展しないのと同じで、下品なトークでその場を盛り上げたことが指名につながるとは限りません。

恋愛対象外の女性よりも対象内の女性の方がお客様の態度は優しくなるので、下品な行動はなるべく控えた方がいいです。

無口

ぽっちゃりで人気がある女性は、だいたい話していて楽しいという特徴があります。

無口なキャバ嬢で人気の女性もたまにいますが、ほとんどが置物でもいいやと思ってもらえる位、容姿が綺麗だからこそ許せる接客方法ですので通常はダメです。

そしてそれも年齢を重ねて行くにつれ通用しなくなります。

あくまで接客されるのはお客様だと考えれば、無口なキャバ嬢は仕事していないと思われてしまう危険性すらあります。

とにかく話しかけることをやめてはいけません。具体的には相手の見なりや小物、メガネでも手相でもなんでもいいのでとにかく笑顔で話しかけましょう。

一生懸命話をしようとすることで、「この子いい子なんだな」と思ったお客様が話してくれるようになる事もあります。

体型ネタがNG

先ほど自分で体型をネタにして笑いを取るのはNGだと言いましたが、反対にお客様から体型ネタをからかわれるのが嫌だという人はキャバクラで働かない方が幸せだと思います。

なぜなら、キャバ嬢であれば絶対からかってくるお客様はいるからです。これは避けられないことです。

ブスネタから逃げられない女芸人と同じで、ぽっちゃりだけどキャバ嬢というのはそれだけお客様にとっていじりたくなる箇所なんです。

どうしても太っている事を言われたくないなら、痩せてから(あるいはそのコンプレックスをなくしてから)働いた方がいいです。

ぽっちゃりだけどキャバ嬢として稼ぎたいと思うのであれば、体型ネタいじりには笑顔でツッコミ返せるように頑張るしかありません。

お笑い芸人の近藤春菜をイメージしてみるといいです。このタイプのぽっちゃりはお客様をつかめるタイプです。

コイツに話を振ると面白いなと思わせる事が指名につながります。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です