「初心者」を武器に自分のお客様を増やす方法がある?

初心者だからこそできることがある

キャバクラやクラブ、会員制ラウンジで働き始めたは良いけど右も左もわからない、指名をもらうコツとかはあるのかなと働き始めは、そんな不安でいっぱいだったりもします。

せっかくナイトワークにデビューをしたなら、焦らずにまずは自分のファンを増やすつもりで頑張ってみましょう。

今回はキャバクラでもクラブでもラウンジでも初めて働き始めて、自分のお客様を増やしたい時に頑張ると良いポイントをご紹介します。

最初だからできる「初心者アピール」

まずは初心者らしさをアピールする方法として謙虚な姿勢があります。

まだお客様の顔や名前を覚えておらず、お店のルールなどもよくわからない、そんな時は先輩のキャバ嬢やホステスに色々教えてもらいましょう。

キャバクラは1対1でお客さんをおもてなしする仕事ですが、いずれ指名が増えてくると自分が不在の席でヘルプをお願いすることがあり、必ず誰かの助けが必要になってきます。ヘルプをお願いする場合も、その女の子と良い関係を築けているとお客様を安心して任せることができます。

クラブでも同じように係やママに信頼されて自分のテーブルに優先的に呼んでもらえる「ヘルプ」になることが成功への第一歩です。

わからないことは謙虚に学ぶ姿勢で働くと先輩からの印象がUPして、可愛がってもらいやすくなります。先輩から可愛がられることはナイトワークで働く上でとっても大切です。

また謙虚な女の子はお客様からも好かれやすいです。

大体のお客様は話を聞いてほしくてキャバクラに来ていますので、お客様が気持ちよく話すには謙虚な姿勢が大切ですし、お客様の話をしっかり聞くことが重要です。

細かいことですが「かわいいね」などと褒められた時に「ありがとうございます」と慣れた感じで返すよりも、新人らしく「そんなこと言ってくれるのは○○さんだけです」と喜ぶことで、褒めてくれたお客様も嬉しくなります。

どこの席でも「私、最近始めたばかりなんです」というアピールはしましょう。

この自己紹介が何を話したら良いか分からないときの会話のきっかけにもなりますし、お客様は新人さんに「教える」ことが大好きですので(男性とはそういうものです)、お店の暗黙のルールや接客の方法など役立つ情報も教えてくれるはずです。

教えてもらったらしっかり「ありがとうございます」「勉強になります」とお礼を言うようにすると更に印象がアップします。

新人であることを武器にして「初めまして、○○です。新人です(未経験です)」「始めたばっかりで何もわからないんです」を有効活用してみてください。

ただし先輩の接客は邪魔しないことが大事です。

例えばキャバクラの話になりますが先輩キャバ嬢のお客様に名刺を渡したり、連絡先交換をすることなどもご法度になりますので要注意です。

反対にクラブでは「永久指名」なのもあって連絡先の交換がOK、いや連絡先の交換をしないと黒服に怒られますので気をつけましょう。

キャバクラでもお客様によっては「内緒なら大丈夫だから交換しよう」と言って頂く場合あるかもしれませんが、バレてしまったら先輩キャバ嬢は嫌な思いをするはずです。そうなると働きづらくなってしまうので、先輩キャバ嬢のお客様とは楽しくお話しするだけに留めておいてください。

接客に慣れてきたら先輩キャバ嬢が話に集中できるように積極的にテーブルの上をキレイにしたり、ドリンクを作ったり、ボトルを空けるのに貢献したりするとお客様からも先輩からも喜ばれます。

お店でしっかり活躍するためにも、とにかく可愛がられる後輩を目指しましょう。

まとめ

キャバクラでもクラブでもラウンジでもデビューしてから3ヶ月間は、今回ご紹介したことを頑張りながら様子を見てみましょう。

しかしどんなに頑張っていても思うように指名が取れなかったり、うまくいかないこともあるかもしれません。

そんな時はお店との相性が悪い可能性があるので、自分に合っているお店かどうかを見極める必要があります。その期間が大体三ヶ月と思っていただいて間違いありません。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です