同伴って何のためにあるの?

「同伴」は稼ぐために必須のお仕事です

同伴とはクラブで働くホステスやキャバクラで働くキャバ嬢とって大きな意味のある「お仕事」になります。でも、どんな意味か、と言うことまで考えることなくやっている人は多くないようです。

同伴の意味を知らずにやっていることで、仕事に生かしきれずに損しているかも知れません。新人キャバ嬢は今後のお仕事をよりスムーズにするために、実績のある人気キャバ嬢もここで改めて同伴の大切さを思い出してみましょう。

ただのデートではありません

同伴の意味とは「お客様を上手にお店に誘う手段」ということになります。

同伴出勤は、キャバクラやクラブ、ラウンジなどに勤める女性キャストが男性客と店外で会って一緒にお店に入るという水商売ならではの営業方法です。

いつもお店の中で会話などを楽しんでいる女性とお客様が店の外で会うことができるため、ちょっとしたデートのような雰囲気になることもあるので男性客にとっても楽しい時間になります。

しかし同伴はあくまでもデートのような個人的な意味はなく、お客様と一緒に楽しみつつも仕事の一環です。 お客様を良い気分にしつつ「もっと一緒にいたいからお店へ」という気持ちにさせるキャバ嬢の技量が問われると言っても良いかも知れません。

女性にも店にもメリットが

キャバ嬢にとっての同伴出勤とは、自分の売り上げのアップと安定を図るための重要なものとなります。

同伴出勤では外で会ってお店まで連れて行ったお客様がそのまま自分の客となり、指名料やドリンク代、お店によっては売上の何十%バックなどになっていますので売り上げアップにつながります。また同伴料や同伴ポイントなどを設定している店も多く、一緒にお店に入っただけでも収入や評価につながることもあるようです。

更に開店から間もない客入りの良くない時間帯も、出勤調整などを食らうこともなくムダなく稼ぐことができるでしょう。時給もありますが、収入を増やすためには店の売上げに貢献することが不可欠です。

お店にとっても同伴出勤には大きな意味があります。

女性の売り上げがアップするということは、当然ですがお店の売り上げも増えるということです。お酒を出すお店や女の子とお話などができるお店では、通常客の入りが増える時間帯は遅めになります。

ナイトワークのお店のピークは9時以降となることもあり、早い時間帯は店もキャストも暇をもてあますことになりがちです。そのため早い時間に同伴出勤でお客様を連れてきてくれることは大きなメリットとなります。

お店にとって同伴出勤の意味とは、売り上げの見込みの安定です。暇になるリスクの高い時間帯を有効活用するための重要なシステムです。あらかじめ客数の見込みを得ることができるため、スタッフや早い時間帯の女性の出勤人数をムダなく揃えることができます。客の入りが予想できない平日などでも同伴予定があれば、それに合わせてキャスト数を調整できるのです。

同伴出勤で客数を増やすことができれば、店内の雰囲気もにぎわい、「華やかで楽しい店」という印象となるため、同伴出勤をしてくれるキャストはお店でも大切な存在となります。同伴出勤をすれば入店が多少遅れても良いとして、7時入店のところを7時半や8時入店にしてくれる店もあるようです。

お客様も喜ぶ

キャバ嬢やお店に大きなメリットのある同伴ですが、実はお客様としても大変うれしいシステムとなります。

男性客はいつも店でしか会えないお気に入りのキャバ嬢と好きなお店に行ったり一緒に食事やカラオケなどを楽しむことができます。同伴で男性客は個人的なお付き合いのような気分を味わったり、店では見えないキャバ嬢の素顔を見ることもできるのです。

キャバ嬢をしている女性たちには普通よりもハイレベルの顔やスタイルの持ち主も多いので、一緒に歩いているだけでも誇らしい気分を味わうこともできるでしょう。

Author: vipplus

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です